ジャムの季節


 まだ梅雨明けしてない東北…短時間にものすごい雨が降ったり、
 雷がおちたり、突風で屋根がはがれたり。
 台風でもないのに激しい天候の変化ですよね〜〜(@_@;)
 私の住むあたりでは、とくに実質的な被害はないけど、
 九州や中国地方の荒れようは、
 ニュースで見ていてほんとに気の毒になります。

 それと、今年はにんじんや玉ねぎなどの
 根菜類の収穫量が減っているそうですよ。
 いいのはキャベツ、レタスのような高原野菜なんだって。
 日照時間は少ないし、ガーッと暑くなる日も少ないから
 お米がどうなるのだろう??と心配ですね〜。


 で、最近はジャムばっかり煮てます。
b0046537_10263774.jpg

 3種のジャムは、始めて作ってみたものばかり。
 杏、プラム、奥の緑色(笑)のはルバーブです。
 
 杏は、焼き菓子の表面につや出しで塗ったりするため、
 昔はよく買っていました。
 最近はあまり使わないですよね>つや出し
 でも、自分で作ってみるとパウンドにたっぷりぬって、
 それも風味のひとつとして食べてみたいなーと思います。

 プラムは、ジャムというよソース。
 砂糖がプラムの重量の1/3くらいなので、
 ものすごく酸っぱい >< 
 でも、暑くて疲れ気味の時にちょっとだけ食べると元気が出ます。

 ルバーブは、「この蕗のような物体がなぜジャムに!?」
 と、かねてから疑問?を持っていたので
 実験的に(しかも適当に)煮てみました。
 ぶつぶつ切って、砂糖と一緒に火にかけたら、
 どんどん水分が出て、やわらかくなって、15分くらいでとろとろに。
 ほほーー、これはすごい!(笑)

 料理やお菓子って、化学変化のようなもの。
 フルーツも、そのまま食べても充分だけど、
 ちょっとした変化を加えてみると、さらにおいしくなるのが楽しいです。
[PR]
by grotta1 | 2009-07-29 10:19 | dolce

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1