気仙茶と、白ごまシフォンケーキ

 「てとて」初の4日間オープン、
 ご来場・ご参加の皆様、大変ありがとうございました。
 今回は初出店もあり、緊張&ワクワク度も高いてとてでした。

 22日は「2013年 気仙茶を味わう会 」。
 今年ようやく製茶が行われた気仙茶を祝うように、
 文字通りじっくりと味わいました。

 講師は、「焙茶工房しゃおしゃん」店主・前田千香子さん。
 中国茶と同じ手順で、手際よく気仙茶を淹れていただきました。
 気仙茶の水色(すいしょく)は、基本的に明るいイエロー、
 というか金色で、とてもやわらかい味。
 焙煎によって、紅茶のような風味になったり、
 うすいウーロン茶のような色合いになったります。

 今回使うのは数年前に収穫し、前田さんが自家焙煎しておいた茶葉。
 WSでは、焙煎の方法などを変えた気仙茶を3種、
 解説を交えながら、香りを「聞いて」から飲み、
 かすかな渋みや甘み、爽やかなあと味などを感じ取ります。
 
 
b0046537_10373799.jpg

 小さな急須や、茶杯、聞香杯など道具はすべて中国茶のもの。
 熱めのお湯でさっと淹れると、部屋中に香りが花開きます


 気仙茶は、岩手県内でも知っている(あるいは飲んだことのある)人は
 まだ少ないかもしれません。
 お茶そのものはとても強い木で、放っておいても丈夫に育つのだそうですが、
 やはり震災の影響で枯れてしまったもの、
 剪定不足でひどい状態の木が多かったそうです。

 そんな中、地元の人たちと協力してお茶の木を整え、
 日本最北端のお茶を守るために活動をしている前田さん。
 ほんとうに頭がさがります。
 
 今年は3年ぶりに製茶ができて、本当によかった。
 ただ、(震災の影響もあって)収穫量が元々少ないので、
 新茶が出荷できるほどの量ではなかったそうです。残念!

 WSでいただいたお茶は、
 水色も香りも風味もそれぞれに表情が違っていました。
 参加者のみなさんも、静かにじっくりと杯を干す姿が印象的。
 一煎目から三、四煎目まで味わい尽くして、
 きっと満足されたのではないでしょうか♪
 

 そんな優しい風味の気仙茶に、お菓子を添えてみました。
 
b0046537_1038555.jpg

 国産の粉を加えて、軽さよりも弾力を意識しました。
 メレンゲを加えたあとも、けっこうしっかりめに混ぜるので、
 あまり高く膨らみませんが、ふんわり感は○。

 
 白練りごまをどっぷりw加えた、ベージュ色のシフォン。
 ごまの香りがふんわり広がり、くちどけよく、
 さっぱりとしたあと味にしたいと思って作ってみました。
 お茶の味を邪魔しないよう、甘さも控えめ。
 見た目も地味〜〜な、私らしい^^;お菓子です。

 いやほんと、贅沢な時間だったなぁ〜。
 もっと多くの人に、気仙茶を知っていただきたいです。
 また「てとて」で開催できるといいな^^

 
 
 
[PR]
Commented by tokorins at 2013-09-24 15:53
素敵っ!
茶杯も小さくて可愛いですネ♪
白練りごまどっぷりシフォンが魅力的〜〜*^^*
Commented by Choco Banana at 2013-09-25 21:14 x
私も気仙茶は知りませんでした。
飲んでみたいです~。

ベージュ色のシフォン、きれいですね~。
香りが良さそう♪
とっても美味しそうです。
Commented by grotta1 at 2013-10-02 07:32
tokorinsさん*
中国茶の道具って、なんでこんなに可愛いんだろうね〜。
シフォンはほんとに白ごまどっぷり(笑)
買ってきたびんの1/3が、1回でなくなっちゃいました。

Chocobananaさん*
気仙茶、来年の茶摘みが終わったら、
もしかして産直などには少し出るかもしれません。
その時にはぜひ、おためしください。
盛岡市内では、しゃおしゃんで焙煎したお茶を販売するお店があります。
by grotta1 | 2013-09-24 00:00 | てとて | Comments(3)

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1