クランベリー&ホワイトチョコ


 ぐっと気温があがって、やっと春めいてきました。
 25日は(数えたくないけど)自分の誕生日。
 最近、ぜんぜんお菓子を作ってなかったので、
 練習も兼ねて、お祝い?にパウンドを焼きました。

b0046537_17502611.jpg


 生地にはホワイトチョコレートを刻んで加え、
 ドライクランベリー、グリーンピスタチオを散らしました。
 クランベリーの酸味と、ホワイトチョコのまろやかな甘さ、
 コクが加わってとまらない味!

 バターケーキにホワイトチョコを加えると、
 ミルキーでコクのある風味になり、しっとり感も◎。
 日を追うごとに風味がまして、3日目くらいが一番おいしいかも。

 あたたかくなって、バターを練るのも楽しくなってきたしw
 (寒いとバターが固くて、けっこう疲れる…)
 久々にパウンドケーキにハマりそうです。


 
 
 





 最近知ったのですが、自分が今まで買ってきたクランベリーって、
 ジュースを作った後のカスカスになった果実、
 つまり「搾りかすみたいなもの」だったのだそうな。
 
 いつも利用している製菓用品のサイトで
 ホールのクランベリーを見つけ、
 その説明を見たら、上記のようなことが書いてあったのです。
 ええーー!今までおいしいと思って使ってきたけど、
 そんなに価格も高くなかったから、よく利用してたけど、
 搾りかすかい!

 ホールは値段も倍近い。でも、それを知ったらやっぱり
 丸くて大きいホールを買ってしまいます。
 パウンドに入れたクランベリー(砂糖でコーティングされているので、
 お湯でさっと洗って水気を切ります)は、
 酸味だけではなく甘みもあり、しっかりとした歯ごたえ。
 あー、やっぱりそうだよね^^;

 でもたぶん、また安い方にも手を出すだろうな。
 クルミと一緒にパンに焼き込むと、けっこうおいしいんです。
 粉は全粒粉。ふすまいっぱいの素朴な口あたりに、
 キリッとした酸味が絶妙なのです〜。
[PR]
by grotta1 | 2014-03-25 00:00 | dolce

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1