ワッフルは家では作れない…

 
 ワッフルは「ちょっと特別な」おやつ、というイメージです。
 うちから歩いて10分くらいの場所に、
 いつのまにか開店していたワッフル専門店
 「waffle Ms」に、初めて入ってみました。

 
b0046537_17371359.jpg


 その日、購入したのがコレ↑

 四角くカットしたのが、ワッフルケーキの「レモン」、
 大きいのは。コーヒークリームの「カフェ」。
 生地がとにかくふわんふわんでやわらかい!

 ワッフルは、もう少しがりっと焼いてあって、
 サクサクしたイメージだったけど、
 これはもうパンケーキよりもやさしくて、
 手に持つのが怖いくらい、ふわふわ。
 クリームもちょうどいい量で、口あたりもまろやかでした。

 これはホント、子どもが喜びそう!
 いや、お年寄りも抵抗なく食べられるだろうし、
 女子はまったく問題ナシ!…って、結局誰もが好きそう♪

 早く行かないと、欲しいものが売り切れてしまうほど、
 注目のお店のようです。
 だって、盛岡(いや、岩手?)初のワッフル専門店だもんね、
 私が入った日も、午後遅かったせいもあって
 3種類くらいしか残ってませんでした。

  
 しかしワッフルって、食べたくても家で作るのには、
 いろいろとハードルの高いおやつの一つですね。
 こっ、これが家で作れたら〜…などと、
 無駄な抵抗はしないで、買う方がおいしくて早い!です^^






 最近、妙に気になる俳優。ムロツヨシさん。
 意識してマジマジと見たのが、深夜枠で放映していた
 「勇者ヨシヒコ」シリーズだった。
 
 マッシュルームな金髪、
 「キモイほくろ」(注:仲間で紅一点のムラサキがよく言っていた台詞)がアクセント。
 職業・魔法使い(えっ!?)
 毎回役に立たない変な呪文を唱える。
 その名はメレブ。

b0046537_17415334.jpg


 これが彼の役だった。
 私自身ゲームはまったくやらないけど、
 このドラマのストーリーや、演出のベースはゲームである。
 メレブを含む4人(主人公はヨシヒコ、職業=勇者)が
 悪を倒しながらHPを稼ぎ、徐々に武器を得て、
 時々棺桶に入りながらも復活し、
 最後は悪の牙城を攻め落とすという、という内容だ。
 こういうドラマはけっこうツボで、
 深夜だからこそ(しかも、低予算を堂々とうたっている)
 力の抜けたくだらない笑いがたまらんのです(笑)

 これ以降、私の頭ではムロツヨシ=メレブと変換されたため、
 以下メレブと表記するが、
 最近のメレブは、朝ドラで天才建築家をやったり、
 ウッチャンとともにコントをやったりと、さらにメジャーな活躍ぶり。
 ひょうひょうとしてるようで、どこか粘着気質なキモさをかいま見せ、
 時々「20年前はアイドルのバックで踊ってたんだよ」みたいな、
 ちょっとずれ気味の二枚目ぶった表情が可愛い。

 すごーく不思議な魅力のある役者さんだと思う。メレブ♡
 目が離せない…
 
 ※でも「ヨシヒコ」の中で一番ツボッたのは、
 彼らを導く仏(ほとけ)役の佐藤二朗さんだったんだよね…うん。



 
[PR]
by grotta1 | 2014-05-22 00:00 | 外ごはん&おやつ

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1