<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ラング・ド・シャ


 今日で10月は終わりですよ奥様!
 あー早いなぁ。もう年末じゃん(急ぎ過ぎ?)

 ゆうべ、ラング・ド・シャを初めて焼いてみました。
 いわゆる「猫の舌」ですね。
  
b0046537_12223588.jpg


 結論から言うと、失敗ですはい。
 猫の舌を表現する形は、右下の長細いもの。
 丸い形もかわいいのですが、焼き上がったあと、
 熱いうちにカーブをつけようとしたら、割れる割れる。
 粘りがない。

 チュイールを焼いたことがある方は、
 熱いうちに麺棒に押し付けて、丸みをつけたことがあると思います。
 これも同じ要領でやったら…
 さっそく亀裂が入りました(^^;)

 焼き過ぎ? 温度が高すぎ?
 卵白の泡立て過ぎ? 
 うーん。
 まぁ味は別に悪くなかったけど、もう少し焼いたほうが好みだった。
 それでも、口に入れるとすーっと溶けていく感じがして、
 上品な舌触りでした。


 関係ないけど、この「ラング・ド・シャ」、
 語感がいつも気になってます。
 ドシャって。
 とても高級なお菓子には思えんとです。
 
[PR]
by grotta1 | 2006-10-31 12:15 | cucina

 りんご真っ盛りの季節。
 この時期は、
 紅玉のカラメル焼きを作り置きしておきます。

 そのまま食べてもおいしいし、
 生クリームやヨーグルトを添えると、ちょっとしたデザートに。
 が、ほとんどはケーキに焼きこみます。
 
b0046537_15371539.jpg

 これは、キャラメルクリーム入りのパウンドに、
 紅玉のカラメル焼きをぎっしり入れて焼いたもの。
 添えてあるのが、カラメル焼きりんごです。
 これに生クリームをのせて、
 ちょっとおされにしてみました。

 キャラメルの香りと、りんごの酸味がマッチして、
 かなりヤバめです(笑)止まりません(困)
 くるみのカリカリもアクセントになって、
 やっぱり止まりません!(汗)
 
 紅玉が続く限り、このケーキは秋の定番として君臨します。
[PR]
by grotta1 | 2006-10-26 15:28 | dolce

ベーコンのマフィン


 久々に焼いたマフィン。
b0046537_191411.jpg


 朝ご飯用「ベーコン入り甘くない」バージョン♪
 見えにくいと思いますが、
 赤いぽちぽちがベーコン。
 黒い粒が黒こしょう、緑色はバジリコ(ドライ)。

 砂糖は全体に5gくらいで、
 ベーコンの塩味で食べる感じです。
 野菜たっぷりのコンソメ系スープや、
 サラダと一緒だと、満足感があるかな〜。

 ちょっと変わったレシピで、
 牛乳&生クリームとサラダオイルで、粉をまとめるのです。

 この写真でわかるかどうか…
 ものすごくふわんふわんに仕上がるんですよ。
 材料は混ぜるだけなので、ボウルひとつですむし、
 あっという間にオーブンに入れられるので、
 朝に余裕のある方なら、
 焼きたてを食べるぜいたく!?も味わえるでしょう〜。


 今回使ったのは舘ヶ森アーク牧場のベーコン。
 たまのぜいたくに買ってみました
 (でも使ったのは2枚。おほほ)
 無添加のベーコンなので、安心です。
 おいしいです。

 しかしこのマフィン、
 翌日も充分すぎる弾力があって、驚きました。
 ほんと、レシピって重要だなぁ。 
 
[PR]
by grotta1 | 2006-10-24 19:12 | cucina

りんごジャム


 今、紅玉がたくさん出回ってます。
 そのまま食べるにはちと酸っぱいので、
 もっぱらお菓子用に。
 今年は初めてジャムにしてみました。
b0046537_17341692.jpg


 これ、レンジで簡単にできるんですよ。
 りんご1個に対して、だいたい砂糖100gくらい。
 4つ割にしたりんごに砂糖をぶっかけ、
 レモン汁を加えて、レンジでチンします。
 
 一度とりだして、こすか、マッシャーでつぶして、
 もう一度煮詰めると、あっという間にジャムに!
 この間10分ほどでした。

 出来上がりは、きらきらしてすんごくきれい!
 食感はほとんどゼリーみたいで、
 味はりんごそのものを凝縮した感じ。
 そのままデザートとして出してもいいくらい!
 カスタードクリームの上にのせたり、
 生クリームをちょっとかけるだけでもおいしいと思う。


 これを作るとき、レモン汁を使ってもいいけど、
 リンゴ酢でもおいしいんです。
 作っている最中、酢独特の匂いはしますが、
 食べると「酢?」という感じはしませんでした。マジです(^^)


 パンにつけるのも惜しいほどで、
 ほとんど、このまま食べてしまいました。
 作る時に皮を入れると、ピンク色になるそうです。
 (次回やってみます)
 品種によって風味が違うと思うので、
 紅玉以外でも試してみたいなぁ。
 ジョナとかフジとか。
[PR]
by grotta1 | 2006-10-21 10:31 | dolce

 秋はいろいろとおいしいものがあるけど、
 さつまいももそのひとつ。
 紅あずまを買ってきたら、ほくほくとして甘かったので、
 思わずケーキに!
 
b0046537_18542420.jpg


 蒸したさつまいもを小さく角切りにして、
 パウンドケーキのような生地に混ぜ、
 さらに、ブルーポピーシード(青けしの実)も入れて、
 ガリッと焼いてみました。

 砂糖は控えめにして、さつまいもの甘さで食べるケーキ。
 さつまいもは、皮を残すと色がきれいで、
 見た目にもきれいです。これは全部とってしまったけど…
 
 けっこう重たいケーキなので、食べ飽きないように、
 ちょっとラム酒の香りもきかせて…

 いや、あきないどころか、進んじゃいました(^^;)
[PR]
by grotta1 | 2006-10-18 18:51 | dolce

紅茶のクッキー


 クッキーを作る時は、たいていフードプロセッサを活用する。
 そのココロは、
 手の熱で生地がだれない、汚れ物が減る、
 かなり短時間で手間いらず。
 と、便利な点が多いからでございます。

 今日のクッキーは、紅茶の葉入り。
 
b0046537_9542176.jpg

 しかし…アールグレイの買い置きがなかったので、
 セイロンの葉っぱを使いました(^^;)
 でも、紅茶の香りがほんのりして、
 これはこれで…よかったかなと…(汗)

 私は元々コーヒー派なので、紅茶はもっぱらティーバッグ。
 でも、夏にいただきものをしたので、
 ずーっと買わずにいました。

 でも、なぜか秋になると(というか、寒くなり始めると)
 紅茶もいいな、って思うんだよね〜。
 うーん、そろそろ買ってこようかなぁ。
 久々に葉っぱで…。
[PR]
by grotta1 | 2006-10-16 09:52 | dolce

ポ・ト・フー


 いんや〜、今朝はさむがったなっす。
 5度だってさ。
 岩手山も初冠雪があったし、もう冬が目の前に迫ってます。

 こういう寒い朝は、
 
b0046537_12314854.jpg


 熱いポ・ト・フー、ですな。

 野菜を煮くずれないよう、大きめに切って鍋に入れ、
 ちょっとの固形スープを入れて煮るだけ。
 野菜はじゃがいも、にんじん、たまねぎ、大根、カブ、
 (セロリも香りが出て美味)
 まぁ、好きなものをてきとうに入れるわけです。
 あとはソーセージ。
 今回は鶏の手羽中に塩をすり込んで、
 ぶちこみました。

 黒コショウも、粒のままたっぷり入れます。
 かじると辛いけど、ちょっとやわらかくなるんですよ。 
 あ、あとにんにくもお好みで。
 味は、最後に塩で整えますが、
 私はなるべく薄めにしてます。パンに合わせるとちょうどいいので…
 
 食べ終わる頃には、体がぽかぽか。
 これで風邪をひかずにすみそうです。
[PR]
by grotta1 | 2006-10-13 09:00 | cucina

 シフォンケーキは、食べるよりも、
 実は作る方がうれしいケーキかもしれない。
 型からはみ出すくらいに膨らむ表面を見て、
 焼き上がり成功!と思う瞬間。
 カットした時に、あみあみのキメと、
 ふかふかとした弾力を感じるうれしさ。
 食べる瞬間よりも、こっちのほうが幸せかも。
 
 ということで、今回は、
 青いけしの実入りのシフォンケーキを作ってみました。
 
b0046537_1433124.jpg

 バックにこれ見よがしにおいてるのは、
 ザクロの酢。
 そうです、酢を入れてみたのです(酢?)〜。

 
 最近は、酢イーツという言葉もあるとか…
 酢を効果的に使ったお菓子、デザートが注目されてるみたいです。

 岩手には「がんづき」という蒸しパンがあるのですが、
 あるとき、教えてもらったレシピに、酢がたっぷり入ることを発見!
 「こんなに入れて酸っぱくないんですか〜!?」と尋ねたら、
 酸味は蒸してる間に飛ぶし、ベーキングパウダーや重曹による膨らみを
 酢が助けるんだって。

 ほえ〜〜。

 じゃあ真似してみようじゃん。(←誰に対抗してる?)
 
 レモン汁を入れるかわりに、
 大さじ1のザクロ酢(たまたまこれがあったので)を投入。
 焼き上がって、型からはみ出た部分をちょっとつまむ。
 「お?酸っぱくないけど、酸っぱい」
 酸味というほどではないけど、どっか酢の味がするのですね。

 冷めてから切ってみると、
 なんだかいつもよりも、キメが細かく焼き上がった気が。
 食べてみると、やっぱり酸っぱくないけど、
 なんとなぁ〜〜くザクロ酢の味がする。

 ブルーポピーシードは、レモンやクリームチーズのような酸味と
 相性がいいそうなので組み合わせてみたけど…
 なんかはっきりしない酸味が、逆効果だったかも(^^;)

 次回は、クリームチーズを使ったシフォンで、
 またけしの実を入れてみよう。
 
[PR]
by grotta1 | 2006-10-10 12:59

にんじんスープ


 今朝は寒かった!
 台風なみの低気圧ってやつが大暴れしてて、
 雨は降るわ、風はすごいわ。
 冷たい空気がどんどん流れ込んでるらしくて、
 日中もさっぱり気温があがりません。

 体が冷えてきたので、
 にんじんスープを作りました。
 
b0046537_152775.jpg

 このオレンジ色がキュート!

 にんじんが嫌いという人、多いのでしょうか。
 周りに聞いてみたら、案外少なかった気もしますけど、
 大人になっても、やっぱり「キライ!」と断言するやつもおります。

 そういう人でも、にんじんスープなら飲めるかも。
 あまりにんじんの味は強く出ません。
 しかも、これにはちょっとだけお米(生米ね)を入れるんですよ。
 
 玉ねぎとにんじんの薄切りを炒めて、
 水、固形スープの素を入れる時に、お米をほんのちょっと加え、
 あとは全部が柔らかくなるまで煮ます。
 あら熱をとったら、ミキサーでガーーーッ!
 その後、牛乳を加えてあたためるだけ。
 生クリームは入れない方がおいしい気がします。 

 このレシピは、いつもお世話になってる料理の先生から
 教えてもらったものですが、
 なぜに米を入れるのかは、そういえば回答いただいてなかったなぁ。
 今度聞いてみよ。
 でも、米のおかげでまろやかなとろみがつき、
 にんじんのクセをやわらげることができるかも。

 やさしい甘みに、ちょっとハマりそうです(^^)
[PR]
by grotta1 | 2006-10-07 15:00 | cucina

ゆずと和三盆


 お久しぶりです。
 9月はなんと1回しか更新してなかったのですね(^^;)
 あまりにもさぼり過ぎで、
 とっくにくたばったと思われてるかも。
 ああ、見捨てないでください(懇願)


 秋も深まってきて、今日は台風なみの低気圧のせいで、
 雨がザンザン降り。傘さしても風が強くて、
 はいてた黒い"長ズボン"の裾が水浸しになりました。

 そんな時は、「ゆずと和三盆のパウンド」!
 (なぜかは聞かないでください。)
 
b0046537_19212877.jpg


 和三盆は、らくがんを作る時に使う砂糖。
 さらさらした感触で、上品なベージュ色をしています。
 甘さはひかえめで、どこか素朴な感じ。
 粘りがないので、ほろっとした食感に仕上がります。

 これに、ゆずのピールを合わせました。
 想像通りに、いい香りが漂っています。
 ゆずは、徳島の無農薬ゆずの皮で、
 ものすごくきれいな色! 画像でも金色に光ってます。

 もうちょっとゆずを入れてもよかったなぁ。
 なんとなく、秋気分になるパウンドです。
 
[PR]
by grotta1 | 2006-10-06 19:17 | dolce

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1