<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏のドリンク


 土・日は「てとて第10回ママゴト会」です。
 かなーり暑くなりそうで^^;今からちょっとコワい。
 雨が降らないことを祈りますが…

 今回のワークショップに提供する夏のドリンクが、
 やっとできました!


b0046537_10362879.jpg


 右がプラムジュース、左がジンジャーエールです。

 真っ赤に熟したプラム(ソルダム)を
 きび砂糖と合わせてとろりと煮て、
 ソーダで割りました。
 プラムの心地よい酸味と、とろんとした甘さは
 夏の朝にぴったり! 爽快になります。

 ジンジャーエールは、手づくりしている人も
 いるのではないでしょうか。
 ピカピカの新しょうがを刻み、きび砂糖とはちみつを
 合わせて煮出し、仕上げにレモン汁をプラス。
 レモン汁を加えると、
 ちょっとだけピンクがかった色みになります。
 (白い砂糖を使って煮るときれいな色がでるけど、
 茶色い砂糖だとイマイチ…)

 割るのはソーダでも、水でもお湯でもおいしいのがいいところ。
 飲んだ後は、不思議と体の芯があったまってきます。
 コレはクセになる!

 どちらも夏の暑さを吹き飛ばす
 爽やかドリンクです。

 プラムジュースは、土曜日の寄せ植え・こけ玉ワークショップに、
 ジンジャーエールは、日曜日の藍染めワークショップに提供。
 アトリエ内には、お菓子も用意していますので
 ぜひお試しください〜。

 ワークショップに参加すると
 気温よりもさらに暑くなると思いますので、
 このドリンクでぜひ涼んでくださいね。
 

 
 
 
[PR]
by grotta1 | 2012-07-26 00:00 | てとて | Comments(2)

てとて第10回ママゴト会


 しかし、毎日暑いですね!
 節電モードで、公共施設もそんなに冷房ガンガンじゃないから
 温度差が小さくていいのですが、さすがにちょっと疲れます。

 そんな7月、心が涼むような「てとてママゴト会」
 ワークショップを開催します。
 もう10回目なんだ! ってスタッフとして関わっていながら
 ちょっとびっくりしました。
 
 今回は7月28日(土)、29日(日)の2日間。
 28日(土)は、昨年も好評だった「寄せ植え教室」です。
 弘前市の園芸家「soyosoyo」相馬ゆかりさんを講師にむかえ、
 多肉植物、こけ玉、そしてハーブの寄せ植えをご教授。
 時間は11〜16時まで、予約はいりません。
 (ハーブのみ要予約)

 そして29日(日)は、「みんなで作ろう、藍染め手ぬぐい」。
 夕方になると、あちこちから聴こえる「さんさ踊り」の太鼓の音。
 いよいよ夏祭りの季節ですね。
 この夏はぜひ、藍染めの手ぬくいを持って繰り出しましょう。
 藍染めは、スタッフと一緒に楽しみながら染めます。

 時間は10時〜、14時〜、各回5人程度。
 ※残念ながら10時〜定員になりました。
 自分で染めた手ぬぐいを持って、お祭りに行くなんて
 ものすごく粋!ですよね。

 料金はどちらのWSも1人2000円。
 夏のドリンク付きです!
 申し込みは、てとて井上まで。
 メール tetote_inoue★yahoo.co.jp(★を@に変えてお送り下さい)

 ↓くわしくはこちらをどうぞ!↓

 てとて第10回ママゴト会




 ドリンクは福猫堂が担当します、
 ぴりっとスッキリ、自家製ジンジャーエールの予定です。
 が、プラムのコンフィを炭酸水で割ってもおいしいなーとか、
 レモンマーマレードもいいかな、とまだまだ模索中。

 近々、アップできるようがんばります。

 
[PR]
by grotta1 | 2012-07-18 19:25 | てとて | Comments(0)

甘酒あいすくりーむ


 またまた甘酒のおやつです。
 しゃきしゃきした食感がなつかしい!
b0046537_17481232.jpg

 


 牛乳、生クリーム、そして甘酒を
 ただ混ぜるだけ。ものすごく簡単!
 お好みで、練りごまや練乳を加えてもおいしいです。
 バニラビーンズ(バニラエッセンスでも)を加えると、
 香り高くおしゃれな風味に。

 甘みがやさしいので、ものたりないな〜と思ったら、
 黒砂糖やきび砂糖、黒蜜とかメープルシロップをどうぞ。
 満足感のある甘さになると思います。
 (写真では、黒砂糖をかけています)
 
 うーん、この夏は甘酒にはまりそうです。


 
[PR]
by grotta1 | 2012-07-05 00:00 | dolce | Comments(2)

甘酒シフォンケーキ


 最近、甘酒を手にとる機会があり、
 (酒かすではなく、米、こうじでできた甘酒です)
 いろいろ調べてみると
 体にいい成分がいっぱいなんだな〜と気づきました。

 江戸時代は、夏に冷やし甘酒を売る人がいて、
 夏バテ解消に役立ってたそうです。
 アミノ酸が豊富で、疲れをいやしてくれるそうな。

 冬に甘酒、ってイメージはあるけど、
 夏にもいいのですね。
 

 あれこれレシピを検索して、
 シフォンケーキを作ってみることにしました。

 
b0046537_1253273.jpg


 生クリームに甘酒そのものを混ぜて、
 蒸した小豆をちょっとのせたものを添えてます。
 ケーキ生地には、ほんのりと「甘酒?」って感じの風味が
 残るくらいで、クセはほとんどありません。
 強くはないけど、なにか不思議が味わい。
 ふわふわしっとりに焼き上がります。


 今回、10cmの紙型2個で焼いてみたのですが、
 小さいけど、しっかりふくらみました。
 しかし、翌日までおいていたら、
 焼き目のあるほう(焼く時に上になる部分)に
 かなり水分が偏ってきて、
 甘酒独特の、というよりも米とこうじの発酵したような
 すこーしえぐみのある風味が出ていました。

 げげ、こうじが混ざりきらずに残ってたのか??
 ほかの部分(焦げのない生地)には
 まったくそういう味はしないんだけどなぁ。
 
 次回の課題です。



 
[PR]
by grotta1 | 2012-07-03 00:00 | dolce | Comments(0)

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1