<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 27日は「てとて」の珈琲教室でした。
 午後から5人の方が参加していただき、なごやかな雰囲気の中で
 珈琲三昧と、楽しいおしゃべりの2時間でした。

 講師の渡邊せんせーもちょっとお疲れモードながら、
 パソコンを使いつつ(店で使用してる手回し焙煎器がごーごーと音を立てて
 回るさまを録画した映像を見せてくれました)
 珈琲豆の味の違いや、「てとてブレンド」の話なども交え、
 珈琲をおいしく淹れる基本的な技術をレクチャー。

 家庭ではペーパードリップが一般的ということで、
 レクチャーもペーパーで行います。
 最初は、渡邊せんせーがてとてブレンドを淹れ、みなさんで味わいます。
 てとてブレンドは、モカとコロンビアのツーブレンド。
 軽やかで最後に爽やかな酸味が残る、親しみやすいブレンドです。
 まず、挽きたての珈琲を1人分スプーン2杯。
 専用ポットでゆっくりとお湯を落とします。
 この時、せんせーの手元にみんなの目が釘付け!
 緊張気味?のせんせーですが、ポットの口から注がれるお湯の量は
 常に均等で、スピードも一定しているのはさすがの技!
 当たり前なのでしょうが、我々にはこれが難しいのです。
 ふわーっと粉がふくらむと、部屋中がふくよかな香りで満たされます。
 う〜〜ん、幸せ。
 「この香りが嫌いな人はいないよね」と参加者から声があがるほど。


 次は、渡邊さんのオリジナルブレンド「えんじゅ」。
 ひと口味わって、みなさん「おおー」と感動の声!
 えんじゅは、マンデリンとモカを組み合わせた、こちらもツーブレンド。
 マンデリンは独特の土臭さを消すために、深煎りが基本なのだそう。
 苦みのきいた、珈琲らしい味わいといったらいいでしょうか。
 そこにモカの華やかな香りと甘み・酸味が加わり、
 表情が豊かになります。

 一通り、せんせーの手元をみたら、今度は自分で淹れてみる。
 が、たった今見た通りにいかないのがワークショップ。
 お湯の落し加減、スピードなど、思うようにはいきません。
 焦ってお湯を注いでしまうと味が浅くなり、色も香りも薄めに。
 それぞれが抽出した珈琲を、お互いに飲み比べてみると、
 一人ひとりまったく味が違うことが分かり、一気に盛り上がります。
 まろやかだったり、エッジがはっきりしていたりと、
 それぞれの味が違うのも、みなさんの性格次第?なのかもしれません。

 To be continue…


 
[PR]
by grotta1 | 2014-04-30 00:00 | てとて

今年の石割桜


 昨日は「てとて」の珈琲教室でした。
 午後のみの開催でしたが、久々のワークショップはやっぱり楽しく、
 見知らぬ同士が集まってるのに、こんなにも話がはずんでしまうのだなーと、
 改めて「場」を求めている人が多いこと、
 その大切さを実感しました。

 しかし昨日はほんとに天気がよくて、暑いくらいの1日でしたが、
 その分お出かけしやすいいい日和でしたね。
 てとてが終わったあとに、公園で花見(というより花見客を見に)。 
 散り始めた桜や、まだつぼみがついている枝垂が入り乱れ、
 ついでに宴会客も大騒ぎでw花の香りよりも酒の匂いがすごかったけど^^;

 たくさんの桜の木にかこまれていると、
 何とも不思議な気分になりますね。
 幻想的というか、気分が落ち着かないというか…
 盛岡の桜の名所の一つ「高松の池」で夜桜を見た友人が
 「怖いくらいきれいだった」と言っていましたが、ほんとにそう。
 「こわい」という表現が合っている気がします。

 で、観光客もたくさん訪れる「石割桜」。
 今年はいつもよりも花の付き方がさびしいことに。
 
b0046537_7382883.jpg

 今年は2月が暖かく、3月に寒い日や雪が多かったためか
 葉の方が先にでてしまい、花が縮こまってしまったとか。

 
b0046537_7384815.jpg

 昨年の状態に比べても、半分以下の花の数のようです。

 確かに推定360年を越える老木だけど、
 木の衰えでこうなったのではないと、管理者がニュースで語っていたので
 まぁひと安心。

 GWもまだ近郊でこれから見頃を迎える桜もあるので、
 眺めてみたいなあと思います。

 (にしても、飛散の終わり頃がいちばんつらいスギ花粉症…
 自分にとっては今がピーク><)


 




 
[PR]
by grotta1 | 2014-04-28 00:00 | 場所

ガトー・ウィークエンド


 今週は朝が寒くて、日中はけっこう気温が上がり、
 日差しを暖かく感じる日が多かったですね。
 早々と咲いた桜も、その後の開花の進み具合はいまいち…
 GW序盤くらいまで(盛岡では)意外ともったりして。


 国産オレンジがいっぱい出回っている間に、
 作ってみたかったお菓子。
 オレンジ果汁をたっぷり使った
 「ガトー・ウィークエンド」です。

b0046537_19233475.jpg


 ふつうのパウンドケーキのようですが、
 作り方は、卵を先にふんわり泡立ててから
 溶かしバターを混ぜるというやり方です。

 +水切りヨーグルト。
 自分なりの工夫として、実験してみました。
 これが、時間がたってもしっとりした口あたりを作り、
 やわらかな酸味で、飽きないおいしさになります。
 
 そして焼き上がりにはオレンジ果汁を
 刷毛で叩き込むように(笑)しみこませます。
 ものすごくいい香り!

 さらに、自分では(面倒なので)ふだんやらない
 アイシング(グラス・ア・ロー)をほどこしてみました^^;
 でも、なれないことをしたせいか、
 どうも砂糖と水の割合がうまくいかず…
 もうちょっと固い状態にして、うわがけしないと
 きれいな「お化粧」にはならないようです^^;

 半日もたつと、水気で砂糖がべたっとしてしまうので、
 扱いもたいへんです。
 が、食べた人からは喜んでもらいました^0^

 今回は、静岡産ネーブルオレンジを使ってみました。
 香りが高く、甘みと酸味がバランスよく、果汁たっぷり。
 今は国内でもたくさんの柑橘類がとれるのですね〜。
 たんかんや、ぽんかんでもおいしくできそうです。


 
 
[PR]
by grotta1 | 2014-04-20 00:00 | dolce

 盛岡は桜に雪が降ることもあるので、
 4月の雪は珍しくないのですが、
 それにしても昨日まではちょっと寒かった〜。

 でも、明らかに日差しは強くなってきて、
 夕方もまだ明るいな〜と実感できるようになりました。

 今月から、てとてのワークショップも本格スタートします。


 開催は、4月26日(土)・27日(日)の2日間。
 26日は「春の毒出しまつり」!
 てとて大ヒットコンテンツの「冷えとり研究所」と、
 昨年お灸ワークショップを開いていただいた「ひろはりきゅう」さんの
 コラボです。
 春は、冬の間にたまった毒素を排出するのに最適な時季。
 特にこの季節、体調がイマイチという女性が多いとか。
 春になっても冷えが気になる、なんか気持ちが冴えない〜〜、
 という方はぜひてとてへ!
 楽しいおしゃべりと毒出し?のツボを学んで
 心身ともにスッキリ、爽快な春を迎えましょう!

 27日は、久々の「珈琲教室」
 いつもお世話になっている「珈琲・うつわ わたなべ」さんによる
 珈琲のおいしい淹れ方、てとてブレンドの秘密、などなど。
 私、おかしや福猫堂もお菓子を提供します^^

 なんと珈琲教室は2年ぶり!
 そもそも、てとての始まりは、わたなべさんの珈琲教室からでした。
 その後もコーヒー豆の販売やワークショップでの提供、
 試飲会などでもご協力していただいています。
 わたなべさんの、それぞれの豆の味わいを最大限に引出す焙煎は、
 まさに熟練の手仕事!
 買った人が自分で淹れてもおいしいと思えるのは、
 ほんとにすごいと思います。
 そしてオリジナルの「てとてプレンド」も誕生し、
 現在は材木町の「よ市」でも人気なのだそうです^^

 てとての2日間は、同時に「小さな手仕事市」も開催。
 お気に入りの器や小物がみつかるかも!
 GW序盤、お出かけついでに、ぜひふらっと遊びにきてくださいね〜。

 詳しくは、↓こちらをチェックしてください。
 てとて
 
[PR]
by grotta1 | 2014-04-08 10:36

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1