最近の料理は…


 先日、久々にカレーを作る機会がありました。
 昔ほどカレーを好んで食べなくなった→自分で作らなくなる
 →食べたい時のためにおいしいレトルトを買い置き(震災以降の備えにもイイ!)
 という図式で、どんどんカレーから遠ざかってしまった…

 
b0046537_2250271.jpg



 なので、日頃のなまけ心を反省し、ナンを作って添えてみました♪
 でもナンは失敗作だったなぁ。分厚くなってしまった…

 
 ついでに、最近作ったもの。
 先日のてとてで買った「和み農園」さんの卵で作った卵焼き。
 
b0046537_22435964.jpg


 なぜか三角形に焼き上がった…>< 不器用なわだくし…
 
 和みさんの卵は、黄身がとってもきれいなレモンイエロー。
 卵焼きもこんな明るい色に焼き上がります。
 

 
b0046537_2255886.jpg


 そして、ワークショップで提供したお菓子の試作。
 主にパンや、パネトーネを使う時に使う、クグロフという型で
 あんずとチョコレートのパウンドを作りました。
 なんてことないお菓子でも、型しだいで可愛くなります。

 カットするとこんな感じ。
b0046537_2326571.jpg



 甘酸っぱいあんずとチョコ。みためもカワユス!


 さて次回のワークショップまで1週間だ〜!
 なんじょすべ?

 
[PR]
# by grotta1 | 2014-07-13 00:00 | cucina

おいしいパンを探せ!

 最近やけにパンが食べたい!(笑)
 ご飯はもちろんですが、やっぱりおいしいパンは
 食卓に欠かせないものになっています。

 最近知った「小綿商店」のパン。
 
b0046537_004111.jpg

 これは天然酵母、全粒粉入りの食パンですが、
 持ってみるとどっしりと重いのに、食べるとふわんふわん!
 もっちりとした食感なのに、やさしい喉ごしでびっくりでした。
 
 そして、小さなテーブルパンも。
 
b0046537_23464850.jpg

 サンドしたのは、バジルペースト&塩レモンで蒸した鶏(左)と、
 レモンの皮ごとジャム。

 レモン、バジルは先日の「てとて」野菜市で購入したものです。
 無農薬で育った国産レモンに、丸ごと煮てから砂糖を加え、
 皮も白い綿の部分もすべて使ったジャム。
 苦いけど、マニアには好評ですw 



 柔らかくて弾力がすごい。トーストしたら麦の香りがいっぱい!
 食べ応えじゅうぶんで、風味もやさしく食べやすいのです。

 

 「小綿商店」のパンは、おいしいという噂だけを聞いていて、
 なかなかお店に行くことはできなかったのですが、
 うまい具合にデパ地下で取り扱いが始まり、
 (さすが目の高いバイヤーさんがいるようで…)
 なんとかgetできることに! うれすぃ〜〜〜♪

 
 しかしまぁ、盛岡はおいしいパン屋が多すぎる。
 この狭くてそんなに人口も多くない街に、
 いったい何件の「こだわり」パン屋があるのか。

 うちからすぐに行ける範囲でも、
 好みのパン屋が3〜4軒あります。
 ああ困った、うれしい悲鳴…
 

 
[PR]
# by grotta1 | 2014-07-06 00:00 | cucina

野菜の豊富な季節です


 「てとて」の革細工ワークショップ、手仕事市&野菜市が終わり、
 なんだかほげーっと気抜けしてしまいました。

 しかし蒸し暑い!すっかり梅雨らしくなり、
 夕方になるとゴーッと雨が降る日が増えてきました。
 湿気と気温の高い時期、気力と体力がうばわれ、
 がくっと体が重くなります(うらめしい体脂肪…くくく…)。

 こういう時は、なぜか酸っぱいものがおいしくなります♪

 カリフラワーが安くなったので、
 ピクルスにしてみました。
 
b0046537_19445148.jpg


 カリフラワーはクセがないので、スープやディップなどいろいろ使える野菜。
 ピクルスは手軽で保存が利くので、よく作ります。
 リンゴ酢を使うと、フルーティでくせのない味に。

 
 酢と水1:2に、はちみつ小さじ1、塩小さじ半分くらいをふつふつさせ、
 唐辛子、黒粒こしょう、月桂樹の葉を入れて火を止め、
 さっと茹でたカリフラワーを加えて保存瓶へ。
 1週間くらいで食べきります。
 おいしくて、すぐになくなってしまうのですが…

 それにしても、暑い時期は野菜がたくさん出回り、
 楽しくなってしまいます。
 生でも焼いても蒸しても、多彩な食べ方ができるし、
 熱の加え方で味わいが違ってくるのも魅力です。

 「てとて」でも、夏場は野菜市を開催します。
 先日は、山口農園さんや和農園さんにお世話になりました。
 
b0046537_19502050.jpg


 
b0046537_20215172.jpg


 (上)山口農園さん。新鮮で元気な野菜たちがずらり!
 (下)和農園さん。卵が絶品。バジルはもうなくなってるー!


b0046537_1953335.jpg

 こちらは和農園さんのじゃがいも。みずみずしくてふっくら♪
 塩で食べると、甘みがにじみ出て豊かな風味が広がります。
 蒸しただけでもじゅうぶんおいしいのは、
 野菜そのものが元気だからでしょうか??

 次回の野菜市も楽しみです。


 
 
 
 

 
[PR]
# by grotta1 | 2014-07-04 00:00 | cucina
 
b0046537_23234281.jpg



 長い梅雨はこれからが本番ですが、
 「てとて」では、6月28(土)・29(日)の2日間、
 ワークショップと手仕事市、そしておまちかねの野菜市を開催します。

 今回は、「革の工房・1 編み組みブレスレットを作る」
 以前から革を使った小物をつくりたい!と画策していた我らスタッフ、
 いよいよ夢がかないます?(笑)

 牛革を使って、とても簡単に手軽にプレスレットを作ります。
 使う道具は、
b0046537_2332466.jpg


 定規・ボード・カッター、そして革に穴をあけるための目打ち。
 (私は目打ちってものを、今回初めてさわりました)
 革はあらかじめ一定の長さにカットしたものを、
 色合いや質感が違う3種類用意。
 ちょっと張りがあるもの、やわらかいもの、
 牛革とひと口に言っても、いろいろな手触りがあるのにビックリ。

 お好きな革を選んだら、先生が用意してくれた設計図にしたがって、
 カットしたり、穴をあけたり。

 そして、
 
 秘密の技で三つ編みにします!

 その技とは…ぜひ「てとて」のブログでチェックしてください^^
 仕上がりはこんな風になります!
 ↓

 
b0046537_23343953.jpg

 私の作品は、向かって一番右の粗いやつ…なんという不器用!
 なんだかな〜〜〜(がくっ)

 
 
 飾りをつけたり、アルファベットを打ち込むこともできて、
 自分だけのオリジナルアクセサリーが、すぐにできますよ〜!

 ちなみに、理解力の鈍い私は、
 「こういう風にします」と先生が見せてくれた手順を
 なかなか再現できず ><
 ほかのスタッフが「おおー。なるほど!」とさっさと手をすすめているのに、
 そこへたどり着けない(汗)

 辛抱強い先生に、丁寧に直してもらったおばちゃんでした。
 たぶんこの不器用さは、私がMAX…

 ふだん、あまり手づくりをしたことがない方でも
 ぜんぜん大丈夫!
 どんなチャームを付けようか、イニシャルを打ち込もうかな〜、
 夢がどんどん膨らんで楽しくなっちゃいます。

 当日は、このアクセサリーを持ち帰っていただくほか、
 ドリンク・お菓子付き。
 お菓子はわたくし「福猫堂」が作らせていただきます。
 どんなものにしようかな〜。
 
 ぜひお楽しみに。
 そして、ぜひぜひご参加ください♪


 詳しくは「てとて」のブログでどうぞ。


 
 
 

 
 
[PR]
# by grotta1 | 2014-06-13 00:00 | てとて

 蒸し暑いですね〜。
 夜の気温が、まだ6月なのに20℃近いなんて
 北国ではありえん!と、ますます暑く(熱く?)なる〜。
 
 ただ、この時期うれしいのは、野菜が豊富なこと。
 地物の新鮮な野菜がいっぱい食べられて、しかも安い!
 形は少々無骨でも、味がしっかりした野菜が手軽に買えるのは
 ほんとに幸せだなぁ。
 
 この時期ならではのぜいたく?
 アスパラガスのスープを作ってみました。
b0046537_13463366.jpg

 きれいなグリーンが新緑のよう。蒸し炒めすると野菜そのものの風味が濃厚になります。
  緑の中に見える白いつぶつぶは、ちょっとだけ加えたヨーグルト…


 規格外の不揃いなアスパラが、
 200gくらい入って100円ちょっとだったので、迷わず買い!
 玉ねぎ、少しのじゃがいもと一緒に蒸し炒めして、
 水、コンソメやブイヨンを加えて柔らかくなるまで煮ます。
 あとはミキサーなどでピューレ状にして、
 牛乳や豆乳などを加え、好みで味を整えます。

 この時は、豆乳と、ヨーグルトを加えてみました。
 思ったよりも酸味は感じなく、少しだけカッテージチーズのような
 濃厚な風味が見え隠れして、新鮮な発見!でした。


 野菜がメイン料理にもなりうるのは、
 野菜そのものが濃厚な味を持ち、プラス満足感のある味付けが肝心、
 のような気がします。

 
b0046537_13461719.jpg


 暮しの手帖70号に載っている、「にんじんの薄切りサラダ」を作ってみました。
 素材はにんじん、玉ねぎ、ツナとだいたいどこの家庭にも常備しているもの。
 あとはパセリを買うくらい。
 そしてドレッシングがものすごくおいしい!
 ただし、材料にバルサモビアンコ(透明なバルサミコ酢)とあるのですが、
 掲載レシピによれば、ワインビネガーや米酢で置き換えられます。
 うちでは迷わず、米酢を使用(笑)

 蒸し煮した野菜とドレッシングを和え、炒ったクルミをぱらぱら。
 クルミの香ばしさが、酸味と甘みにアクセントを加えて、
 まったく飽きない味わいになっています。
 残ったドレッシングは、パンですっかり拭き取るように食べちゃいました♪

 
 火を通しても、生で食べても違った食感や味わいで
 楽しめるのだから、野菜はほんとにすごい!

 
[PR]
# by grotta1 | 2014-06-11 00:00 | cucina

自分で作ったもの。外で食べたもの。食に関することのあれこれ


by grotta1